大阪のおばちゃんの必殺節約術

おもろい・がめつい・あつかましい 大阪のおばちゃんの必殺節約術
大阪のおばちゃんの必殺節約術スポンサー広告 ≫ 錦糸眼科でレーシック手術を受けた感想大阪のおばちゃんの必殺節約術レーシック体験レポート ≫ 錦糸眼科でレーシック手術を受けた感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




★よく閲覧してもらっています♪  ありがとうございます。
    錦糸眼科のレーシック
    ウォーターサーバーのコスト比較
    太陽光発電のコスト
    リロバケーションの宿泊レポート
    保険見直しで節約

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

錦糸眼科でレーシック手術を受けた感想

いよいよ手術の日。

同じ時間帯に手術を受けるのは、おばちゃんを含めて3人。


手術着を着て、目の周りの消毒やら、目薬やら、準備が着々と進む。

一人目の患者さんが手術室へ。


手術室はガラス貼りで、次の患者は、手術室の前で、背中を向けて座って待つ。

レーザー照射中の音と、カウントする声が聞こえてきて、ちょっとドキドキ。


入室から5分か10分ぐらいで、前の患者さんが出てきはって、いよいよおばちゃんが手術台へ。


おばちゃんが受ける手術は、イントラTSレーシック。


まずは、イントラレーザーでフラップを作る。

機械がグイーンと伸びてきて、目を押される感覚はあるけど、点眼の麻酔してるから、全然痛くない。

何十秒かでレーザー照射が終わって、一旦退室。

水蒸気で、視界は白っぽい。


しばらくしてまた、手術室へ。

今度は、エキシマレーザーを照射。

また何十秒かでレーザー照射が終わって、一時間ぐらい、待合室で目を閉じて待つ。


時間を置いて、診察の後、保護メガネと近くを見る時用の遠視のメガネをもらって、終了。


ついに、念願の裸眼生活をゲットや~!


ただ、手術直後は、遠視気味になってるから、近くが見づらいのと、

だんだんマシにはなっていくけど、視界が白っぽくかすんでるかな。


全く痛みはないし、怖くもなかったですよー。
関連記事




★よく閲覧してもらっています♪  ありがとうございます。
    錦糸眼科のレーシック
    ウォーターサーバーのコスト比較
    太陽光発電のコスト
    リロバケーションの宿泊レポート
    保険見直しで節約

トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

大阪のおばちゃん

Author:大阪のおばちゃん

サイトマップ
アクセスカウンタ
ご訪問ありがとうございます♪
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング


冬のリゾバ
消費者金融比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。